年収250万の契約社員がカードローンに手を出した結果

今から3年前、20代後半だった私はいわゆるワーキングプアでした。

働けど働けど我が暮らし…って感じです。毎日遅くまで残業し、昼休みまで削って仕事をこなしても手取りは14万程度…一人暮らしで節約していたとは言え、貯金もままならない状況でした。

そんな時、学生時代の友人が結婚することになり、披露宴に参加してほしいと連絡が入りました。

嬉しいお誘いに二つ返事でOKしたものの、ご祝儀にドレス、ヘアセット、交通費に宿泊代、二次会の会費などなど…結婚式に参加するとなると、ある程度のお金が必要になります。

当然、ワーキングプアの私にはそんなお金はありません。毎日の生活ですらカツカツですからね。
でも友達の晴れ舞台、スピーチも頼まれている以上今更欠席するなんてできません。

そこで私は、プロミスのカードローンを利用することにしました。
確か最初は上限金額を30万くらいに設定していたと思います。

ちなみにプロミスに申し込みした理由は、初めて利用する方は30日間無利息で借りれる無利息ローンサービスがあったからです。

無事に審査が通り、すぐに友人の結婚式に必要な金額を借りました。
お金の心配がなくなると、気兼ねなく友人を祝福することができ、利用して本当に良かったと思いました。

まとめて返済する余裕はありませんでしたから、毎月こつこつと最低返済金額を入金していました。

毎月の返済額は1万円前後だったので、ちょっと給料日前は厳しくなってしまいましたが、その都度また借りて…と自転車操業状態になってしまいました。

けど、毎月の返済額が少ないとまるで自由に使えるお金が増えたように感じるんですよね。

欲しい服やちょっとお高い化粧品…今まで抑制できていたものが我慢できなくなり、あっという間に借り入れ上限に達してしまいました。

そこでようやく目が覚め、このままではいけないと自分を奮い立たせ、返済以外は一切カードを持たないようにしました。
もうすぐ完済できるのですが、これからはもっと計画的にカードローンを利用しないといけないなと思いました。