友人の消費者金融で借りた経験

最近ですが、私の友達K君がお金を消費者金融で借りて大変なことになりました。

K君は幼少の頃からの友達でずっと気軽に接してきました。独身の彼ですが人生を楽しく謳歌してました。そこそこの趣味と仕事をバランスよく充実して楽しそうでした。

ですが、2年前工場の仕事を突然のリストラにあってから彼は変わってきました。仕事はアルバイトの清掃会社になってから、給料の安さと人間関係のストレスで少しうつ病になりました。

まだ軽いほうだったので回復しました。ですが、彼は身の丈に合った生活をすればよかったのですが、車は以前から新車で排気量の大きい車を買ってましたが、ローンで大型車を買いました。

それだけならまだ何とかなったのでしょうが、それから趣味の鉄道写真の関係で鉄道オタク仲間と各地の撮影と泊りをするようになりました。

以前の工場で正社員の時はなんとかなっていたみたいでしたが、アルバイトではなかなか足らず貯金を切り崩してそれに充当してました。

更に秋葉原に月に1、2回行くようになりました。おかしいと思い聞いたら秋葉原のメイド喫茶と地下アイドルにはまったみたいでそこでの遊びや泊り代に使うようになりました。

最初は親から借りていたみたいですがやがて拒否。そこで銀行のカードローンを使い始めました。ただ、毎月返済できて1年以内には完済するので問題ないと言われたので信じてみようと思いました。

ですが、K君は外食も次第にすることが多くなりよく誘われました。私は仕事等であまり彼と行く機会はありませんでした。ほかの友達から聞くとマックからファミレス、高級店まで様々でした。

「とにかく肉を食べないと必死に生きていけない。一日が」と訳の分からないことを言い出しました。

半年前にK君に久々に会ったら以前は痩せていて細見でしたが、15キロ増量しパンパンに太ってました。一瞬誰かと思って目を疑いました。この時再びうつ病になり薬も強いものを飲むようになり昼に眠気で仕事ができなくなったりしたそうです。

趣味や食、治療でお金もかかりついに彼の貯金はゼロに。そして、一か月前についに消費者金融でお金を借りてしまいました。即日現金が必要になって探して最終的に消費者金ウに行きついたみたいです。

※即日現金の消費者金融については≪こちら≫を参考にしてください。

仕事先を三日間休み相当な額を使いました。たまたまGSで給油した時にK君と会い給油中にその話を聞かされた時はもう正直怖さで身震いしました。彼自身の目も生気がなくちょっと怖かったです。

その後妹さんがKさんの部屋を通ったら机に数十万円の束が無造作に置いてあり問い詰めて判明。消費者金融は親が何とか払ってクリアしたみたいですが、その代償ではないですが彼は車を売り、会社は辞めるところまで行きませんでしたがそれが知れ渡り午前中の勤務のみで短縮。賃金も減らされました。

親や家族も正直何をするかわからないということでお金になりそうな本、鉄道撮影の一眼レフも売ったと私の友達が妹さんから聞いたそうです。現在彼は病院に通院、入院繰り返しながら何とか生きてますが、最近見たら髪の毛も薄くなり禿げ上がっていて青白くなってました。

友達の体験を目にして、お金は計画的に使う。真に必要な出費なのか考える。彼は人生何とかなるし、楽しくぱっと行く。金は後から入ってくるとモットーで言ってましたが何を根拠に言っていたのか今でも不明です。

車や鉄道の趣味だけならまだ良かったのでしょうが、メイド喫茶やアイドル、食等にはまってしまった。その支払いのために消費者金融を使うというのはどうかと考えてしまいました。

借りるとしても銀行等信用のある場所で。かつ毎月返済できる額で。お金を借りるのは最終手段だということを肝に銘じておくべきだと思いました。

簡単に借りれるには利子や利息もありますので計算もできないなら借りることは辞めるべきだとK君をみて思いました。自分も気を付けたいと思います。

 

~~~~消費者金融について~~~~
昨今はインターネットを利用して、できる範囲だけでも申込めば、ご希望のキャッシングに関する審査結果がスピーディーになるようなサービスを実施している、便利なキャッシングの方法だってついに現れているのは大歓迎です。

即日キャッシングは、審査を通過できたら、資金を申込当日に借りることができるキャッシングです。手の打ちようがない資金不足は予測不可能ですから、スピーディーな即日キャッシングでの借り入れというのは、うれしい希望の光のように思う人が多いでしょう。

現実にはお金にルーズなのは、男性よりも女性のほうが大勢いらっしゃるみたいですね。なるべくもっと改良してより便利な女の人だけが利用できるような、特典つきの即日キャッシングサービスなどがもっと多くなればみんな大喜びだと思います。

多様なカードローンの会社には、低金利なものも増えてきた信販系の会社、対応が早い消費者金融系の会社などの違いがあるのは知っていますか。銀行関連の会社の場合は、融資に審査時間が相当かかり、うまく即日融資をすることが、実現不可能なときもあるわけです。

仮に、借入から30日以内に返してしまえる範囲で、新たな貸し付けの申込をするのだったら、あまり払いたくない利息払わなくてもいい完全無利息によるキャッシングをこのチャンスに利用してください。

確かに無利息期間があるとか利息が安いといったことは、たくさんある中から申し込むローン会社を選定する場合に、とても大切な項目の一つですが、そのこと以上に不安を感じることなく、融資してもらうことが望みなら、なんといっても銀行系のキャッシングローン会社で申込むことをイチオシしたいと思います。

非常に古いときなら、新たにキャッシングを申し込んだ際の審査が、最近とは比較にならないほど生易しかった時代があったみたいですけれど、すでに今では昔よりもかなり高くなって、審査結果を出すときは、全ての人に基準どおりの信用調査が厳しい目で実施されるようになっています。

勘違いかもしれませんがすぐに入金してくれる即日キャッシングの場合は、現実にキャッシングの審査をされると言いながらも書面だけの問題で、利用希望者の今やこれまでの情報について肝心なことを漏らさずに審査できないはずだとか、事実とは違う考えなのではありませんか。

キャッシングは、銀行系と呼ばれる会社などのときは、カードローンとして呼ばれていることもあります。普通は、借入を申込んだユーザーの方が、消費者金融あるいは銀行といった金融機関からお金を貸してもらう、数万から百万円程度までの少額の融資のことを、キャッシングということが多いのです。

いざという時に役立つキャッシングは、融資の可否の審査がずいぶんとスピーディーで、その日のうちの振り込みができなくなる時間までに、所定の契約に必要な申し込み事務作業が未完になっていなければ、手順通りに即日キャッシングのご利用ができるようになるんです。

カードローンを利用した場合の魅力の一つが、利用者の都合のいいときに、返済できる点だと言えます。コンビニへ行って店内ATMを操作すればたとえ出先であっても返済可能だし、ネットによる返済も対応しています。

あらかじめ決められた日数は、金利が本当に不要な無利息キャッシングを利用した場合は、ローンを申込んだ会社へ返済する合計額が、無利息期間分は必ず安くなるわけなので、絶対に使いたいサービスです。なおこのサービスは事前審査の内容や項目が、特別なものになっているということも無いのでご安心ください。

キャッシングの審査は、カードローンを取り扱っている会社が情報収取のために利用しているJICCの情報を基にして、その人の信用情報の確認をしています。キャッシング会社を使ってお金を手に入れるには、必ず審査にパスしてください。

お手軽に利用できるカードローンの審査の内容によっては、融通してもらいたい額がわずか20万円だということでも、融資を希望している本人の信用が十分に高ければ、100万円、場合によっては150万円といった数字がご利用上限に希望を大きく超えて定められるケースも中にはあるようです。

CMなどで見かけるキャッシングとかカードローンなんかで、必要な資金を融資してもらえることになって借金ができちゃうのは、なんにも悪いことしたなんて思われません近頃はなんと女の人以外は利用できない女の人が借りやすいキャッシングサービスもみなさん使っていますよ!