消費者金融について思うこと

私が持つ消費者金融のイメージですが、消費者金融といっても大手から中小まで様々です。大手消費者金融はTVのCMでも有名芸能人を使って頻繁に流されていますから、社名を聞いても少し馴染みがあります。しかし、それは消費者金融業界のほんの一部でしかなく、名も知れぬ会社も沢山あります。消費者金融と聞いて真っ先に思い浮かぶには高金利です。昨今、過払い返還請求で消費者金融の経営を圧迫しているようですが、銀行で借りている住宅ローン等の金利と比較すると、比べようもないくらいの高金利です。住宅ローンみたいにきちんと担保に取っておれば、低金利も当然なのかもしれませんが、まだまだ、消費者金融の融資には無担保融資で法定金利ぎりぎりのところも沢山あるのが現状でなないでしょうか。ただ、忘れがちなのは、何年か前から銀行がこの分野に進出していることです。CMを見ていても、○○銀行系だとか、大手消費者金融会社に資本参加しているとか、あの大手メガバンクでさえもこの業界に興味を示しているのです。以前は銀行は健全なイメージがあり、このような分野には触手を伸ばさなかったのですが、今は、銀行のイメージよりも収益を優先していますから、まさに時代と言えばそういう時代なのですが、何か違うような気がするのは私だけでしょうか。又、あきらかに返済能力のない人に融資している様なイメージもあります。事前審査なるものもどこまで、適格にされているのか疑問ですが、やはり消費者金融から融資を受け、返済出来ずに、自己破産を申請するといった方々が多数おられるのも問題だと思います。借りる側も責任がありますが、借す側の責任ももっと厳格にしてもいいのではないかと思います。