私たちの生活を支えてくれたもの

私は現在40代後半で長男・長女と3人暮らしです。
私は約10年前病に罹り手術をしておりますがそれが原因で元夫との関係が上手くいかなくなり
4年前離婚しました。
当然生活は一変致しました。
離婚手続きを最短で終わらせ、今までしてきた職場で事務の仕事をしながら
もう少し仕事量を増やさねば、当時これから大学進学を控えていた息子やこれから高校入学する娘の教育資金を稼がねば生活が成り立たないので必死でした。

幸い今の職場の事務以外の仕事そするパートさんが突然辞める事になったので
私が志願し事務仕事と今までした事のない重労働の仕事を掛け持ちする事になったのですが
作業に手間取る事ばかりで、子供達の為にただただ必死で仕事を覚えました。

重労働の仕事をしながらの最初の4か月は、もう身体が大変で
私は手術後手に力が入らないので、胸より高い場所に物を持ちあげる動作が
仕事量が多くなると腕が震えますので身体が悲鳴をあげます。腰に持病も抱えている上頸椎にも問題があり重労働の仕事をしている事がその整形関係にも悪影響になりますが
そんな事は言ってられずただひたすら働かなければなりません。

仕事を追加して2年後今度は2度目の病に罹りまたも手術をしなければならなくなりました。
ようやく離婚後子供達と3人で生活する日々を軌道にのせ、仕事にも慣れてきた頃に発症した新たな病に愕然とするのと、どうして私だけ??と悲しさが込み上げてきます。

それでも生きていかねばなりません。
何としても頑張らなければなりません。
手術迄の間、心の葛藤で一人布団の中で涙した事もあります。

手術すると入院費が掛かりますし、治療や薬代で約年間20万円程の
医療費が発生してしまいます。おまけに手術後思いもよらぬ追加治療があり、新たに追い込まれてしまいまして出費も続きます。消費者金融への借入も考えましたが、いつかは返さなければならないもの。借入は断念しました。

しかし助けられたのは父親が私に残してくれた不動産でした。すこしでも高く買取ってもらえるように、いろいろなところを当たりました。そんな時に参考にしたサイトです⇒http://odawarajyoumusse.jp/

不動産のおかげで何とか生活ができました。大変助かりました。

年収250万の契約社員がカードローンに手を出した結果

今から3年前、20代後半だった私はいわゆるワーキングプアでした。

働けど働けど我が暮らし…って感じです。毎日遅くまで残業し、昼休みまで削って仕事をこなしても手取りは14万程度…一人暮らしで節約していたとは言え、貯金もままならない状況でした。

そんな時、学生時代の友人が結婚することになり、披露宴に参加してほしいと連絡が入りました。

嬉しいお誘いに二つ返事でOKしたものの、ご祝儀にドレス、ヘアセット、交通費に宿泊代、二次会の会費などなど…結婚式に参加するとなると、ある程度のお金が必要になります。

当然、ワーキングプアの私にはそんなお金はありません。毎日の生活ですらカツカツですからね。
でも友達の晴れ舞台、スピーチも頼まれている以上今更欠席するなんてできません。

そこで私は、プロミスのカードローンを利用することにしました。
確か最初は上限金額を30万くらいに設定していたと思います。

ちなみにプロミスに申し込みした理由は、初めて利用する方は30日間無利息で借りれる無利息ローンサービスがあったからです。

無事に審査が通り、すぐに友人の結婚式に必要な金額を借りました。
お金の心配がなくなると、気兼ねなく友人を祝福することができ、利用して本当に良かったと思いました。

まとめて返済する余裕はありませんでしたから、毎月こつこつと最低返済金額を入金していました。

毎月の返済額は1万円前後だったので、ちょっと給料日前は厳しくなってしまいましたが、その都度また借りて…と自転車操業状態になってしまいました。

けど、毎月の返済額が少ないとまるで自由に使えるお金が増えたように感じるんですよね。

欲しい服やちょっとお高い化粧品…今まで抑制できていたものが我慢できなくなり、あっという間に借り入れ上限に達してしまいました。

そこでようやく目が覚め、このままではいけないと自分を奮い立たせ、返済以外は一切カードを持たないようにしました。
もうすぐ完済できるのですが、これからはもっと計画的にカードローンを利用しないといけないなと思いました。

お金の無い時は主婦ができるキャッシングを使うことも・・・

お金に困る時というのは、前月に大きな買い物をした場合や、大きな出費があった時などで、我が家はほぼクレジットカードでの支払いなので、翌月の支払い額に跳ね返ってきます。
それなので、意識的にWebでの明細を日々チェックするようにしています。
締め日までの支払額をできるだけ抑えることが目標です。
まず、自分のバイトのシフトの回数を増やし、できるだけ出勤するように事前に申請します。
また、出費の中で調整しやすいのが食費なので、外食の回数を減らし、自炊の回数を増やします。
週末はプチ断食も兼ねて、ブランチと軽めの夕食のみといった日も取り入れ、ファスティングを実践したりします。
食事の量を減らすと、肌の調子が良くなったり、胃腸が休まるので深い睡眠を得られたりと、身体にもよい効果を得られるので、全体的に出費を抑えたい月にはよく実行しています。
また、食事回数と量が減るので、食費の節約にもなります。
普段の食事は、メインのおかずの食材費を抑えたいので、生鮮食品が安いスーパーを中心に通い、ある程度ストックするようにしておきます。
また、加工食品などが安いスーパーも別にあるので、できるだけまとめ買いをして出費を抑えます。
普段のスーパーでまかなうと、全体的に2割程高くなってしまうため、手間はかかりますが、仕方ないと思っています。
レジャー費も工夫しています。
観たい映画がある時は、私はレディースディに、主人と子供達は価格が安い設定の日を選んだり、割引券を手に入れてもらって一緒に行ってもらったりしています。
また、アウトドア系のおでかけを増やし、お弁当持参で行く事もあります。
旅行だと宿泊費がかかってしまうので、日帰りで行けるところをいろいろと検索して、見つけています。
季節ごとのイベントが行われている日に行けると、日帰りでも満足感が高まるので、大きなイベントから小さな催しまで、時には掛け持ちして行くこともありますが、泊まるよりかは安く済むので、レジャー費を抑えたい時にはこういった情報も活用しています。
小さな金額でも積み重ねるとまとまった金額になるので、節約した分はクレジットカードの支払いに充てることができるので、こういった工夫をいろいろと実行することは、ある程度有効なのではないかと思っています。

今までに何度か主婦ができるキャッシングを利用しなければならない事態になったこともありました。※主婦キャッシング

キャッシング会社によっては金利が高くなっている場合もありますから、重要な点に関しては、十分時間をかけてそれぞれのキャッシング会社が持っている特質を自分で調査したうえで、希望に沿ったプランが利用できる会社で即日融資対応のキャッシングを利用していただくのが一番のおすすめです。
当たり前ですが、カードローンの事前審査では、今借りたいと思っている金額が10万円くらいだとしても、融資を受ける人の信用が十分に高ければ、勝手に100万円、150万円というゆとりのあるご利用制限枠が設定されているなんてケースも!
融資金額でも銀行からの借り入れ分は、最近よく聞く総量規制の対象外なので、カードローンでの融資を考えているなら、銀行を選ぶのが正解だと覚えておいてください。要するに融資の限度額について、本人の年収の3分の1以上は、例外を除き融資することはできません、というものなのです。
ノーローンが始めた「回数限度なしで、借入から1週間無利息」というとっても嬉しいサービスでキャッシングしてくれるという場合も少なくなくなりました。是非機会があれば、大変お得な無利息キャッシングを試してみてはいかが?
新規にカードローンを申し込みたいのであれば、当然審査を受けることが必要です。その申込み審査に通らなかった方は、どうやってもカードローン会社から受けられるはずの頼りになる即日融資をしてもらうのは不可能なのです。

キャッシングを利用したい!そんなときの申込方法のうち、たいていの人が使うのが、Web契約という最近急増中のインターネットを活用したかなり使えるテクニックです。必要な審査で認められたら、契約成立を意味し、数えきれないほど設置されているATMから借り入れ可能になるので急ぐ時にもおススメです。
今は融資に関するキャッシング、ローンの二つの言語の意味するところが、不明瞭になってきていて、キャッシングでもローンでもどちらも同じ単語でいいんじゃないの?という感じで、利用されるのが一般的になっている状態です。
まだ今は、利息がいらない無利息期間を設けてのキャッシングサービスで対応してくれるのは、いろんな会社の中でも消費者金融のキャッシングによる融資だけとなっていて他よりも魅力的です。とはいっても、とてもありがたい無利息でのキャッシングを受けることができる日数は一般的には30日が上限です。
ご存じのとおり今日では、よりどりみどりといってもいいくらいの数のキャッシングローン会社が存在します。インターネットなどでおなじみの消費者金融(サラリーマン金融、街金とも)であればみんな知っていますし、特に注意などを払わなくても、どなたでもお申込みが行えるのではありませんか。
一般的に仕事している大人なら、規定の審査に通過しないことはないと思ってください。アルバイトや臨時パートの方もスムーズに即日融資を許してくれることが大多数です。

最も重視されている審査条件、それは、当事者の信用に関する詳しい情報です。今回の融資を申し込むより前にローンなどで返済の、遅延、未納したとか、自己破産などがあったら、申込んでも即日融資を実行するのはできないのです。
あなたに融資して確実に借りたお金を返せるかどうかということを慎重に審査するというわけです。契約に従って完済するだろうと判断されると判断されたときだけに最終的に、申込を受けたキャッシング会社は借入をさせてくれるのです。
借入の審査は、ほとんどの業者が正確な情報を得るために加入しているJICCで保有している信用情報によって、利用希望者の情報について徹底的に調べられています。キャッシングを利用して資金を融通してほしいときは、その前に審査にパスしてください。
大部分のカードローン会社だと、不安がある融資希望者向けの通話料無料の電話を用意しているのです。カードローン、キャッシングに関する相談のときは、あなたの今までの詳細な融資に関係する実情を漏れがないようにお話していただかなければ意味がありません。
キャッシングによる借り入れが待たされずに対応可能な使える融資サービスは、種類が多く、消費者金融業者(アコムとかプロミスなど)がやっているキャッシングはもちろん、大手銀行が提供しているカードローンも、即座に融資が現実のものとなるのですから、同じく即日キャッシングというわけです。

 

 

急ぎで借りれるのはプロミス

支払利息という面ではカードローンの利息と比較すると多少高めに設定されていても、借りるのがあんまり多くなくて、少ない日数で返してしまうのなら、審査がけっこう簡単なのでいらいらすることもなく融資してもらえるキャッシングによって借りるほうがきっと助かると思いますよ。
ありがたい無利息でのキャッシングが開始されたときは、新たなキャッシング申込限定で、キャッシングしてから1週間だけ無利息だったのです。このところは何倍も長いなんと30日間無利息のところが、最も長い無利息期間となったので見逃せません。
大概のキャッシングしてくれるカードローン会社では、初めての利用者をターゲットにした365日ご利用いただけるフリーダイヤルを使っていただけるように準備しています。カードローン、キャッシングに関する相談のときは、過去と現在のご利用予定者の借入に関係する情報をしっかりと伝えるようにしてください。
シンキ株式会社のノーローンのように「何回キャッシングしても1週間以内に返済すればなんと無利息!」というびっくりするようなサービスを適用してくれるところを目にすることもあります。チャンスがあれば、無利息でOKのキャッシングを一度は使ってみるのもお勧めできます。
アイフルやプロミスなどで有名な消費者金融会社による、即日融資の振り込みまでの流れは、信じられないスピーディーさなのです。たいていの方は、その日の正午頃までに申し込みができて、融資のために必要な審査がスムーズに進むと、午後になれば必要なお金が口座に送金されるという流れなんです。

事前に必ず行われる事前審査というのは、あなた自身が本当に返済することができるのかについての結果を出すための重要な審査なのです。融資を希望している人の勤務年数とか収入の額によって、本当にキャッシングを許可してもいいものなのかということについて審査します。
新たにキャッシングを申し込むときの審査の際には、これまでの収入や今後の見込み額、、就職して何年目かということなどが最も大切なのです。もし今までにキャッシングの返済が大幅に滞ってしまった等、今までの全ての出来事が、ネットワークがしっかりしているキャッシング会社には全てばれてしまっていることがあるのです。
もしや即日キャッシングだったら、実際にキャッシングの審査をするとはいえ書面の提出のみで、本人の本当の現状を正しく調査して審査するなんて無理だからやっていないなど、正確とは言えない見解を持っていませんか。
新規カードローンを実行できるかどうかの審査で、在籍確認と呼ばれているチェックが行われています。大変手間のかかるこの確認はカードローンの融資を希望している人が、所定の申込書に書きこまれた勤務場所で、きちんと勤務中であることについて審査手順に沿って確認をさせていただくものです。
CMなどで見かけるキャッシングやカードローンを使って、貸し付けが認められてお金を貸してもらうことになるのって、思っているほど珍しくないのです。以前とは違って最近では女性しか利用できない女性が申込しやすいキャッシングサービスも評判です。

最長で30日間もの、金利が本当に不要な無利息キャッシングを利用した場合は、融資を申し込んだローン会社に支払うお金の総計が、確実に安くなるので、ぜひ利用していただきたいのです。こんなにお得なのに事前審査については、一般よりも通過させにくくしているなんてこともないから安心です。
便利なキャッシングが迅速に実行可能な融資商品などのサービスは、非常にたくさんのものがあって、消費者金融業者(いわゆるサラ金)の融資も即日キャッシングだし、実は銀行のカードローンも、即座に融資が可能なシステムですから、分類上即日キャッシングということなのです。
一言でいうと無利息とは、借金をしても、利息が発生しないことです。呼び名としては無利息キャッシングですが、やっぱり永遠に利息なしの状況で、借りたままにすることができるという状態のことではありませんからね。
もし長くではなくて、間違いなく30日以内に完済してしまえる額だけ、借りることにする計画があるのなら、借入から30日間は利息を払う必要がない本当に利息が発生しない無利息キャッシングによって融資を受けてみていただきたいものです。
あまりにも急なお金が必要なときに、最後の手段の注目の即日キャッシングで対応してくれるところと言えばたくさんの業者の中でも平日14時までのホームページから申し込んでいただくことによって、申込をした当日の振込を実施してくれる即日キャッシングでの融資もできるから、プロミスということになります。

プロミスで急ぎで借りたいならコチラを参考にどうぞ⇒こちら

 

 

友人の消費者金融で借りた経験

最近ですが、私の友達K君がお金を消費者金融で借りて大変なことになりました。

K君は幼少の頃からの友達でずっと気軽に接してきました。独身の彼ですが人生を楽しく謳歌してました。そこそこの趣味と仕事をバランスよく充実して楽しそうでした。

ですが、2年前工場の仕事を突然のリストラにあってから彼は変わってきました。仕事はアルバイトの清掃会社になってから、給料の安さと人間関係のストレスで少しうつ病になりました。

まだ軽いほうだったので回復しました。ですが、彼は身の丈に合った生活をすればよかったのですが、車は以前から新車で排気量の大きい車を買ってましたが、ローンで大型車を買いました。

それだけならまだ何とかなったのでしょうが、それから趣味の鉄道写真の関係で鉄道オタク仲間と各地の撮影と泊りをするようになりました。

以前の工場で正社員の時はなんとかなっていたみたいでしたが、アルバイトではなかなか足らず貯金を切り崩してそれに充当してました。

更に秋葉原に月に1、2回行くようになりました。おかしいと思い聞いたら秋葉原のメイド喫茶と地下アイドルにはまったみたいでそこでの遊びや泊り代に使うようになりました。

最初は親から借りていたみたいですがやがて拒否。そこで銀行のカードローンを使い始めました。ただ、毎月返済できて1年以内には完済するので問題ないと言われたので信じてみようと思いました。

ですが、K君は外食も次第にすることが多くなりよく誘われました。私は仕事等であまり彼と行く機会はありませんでした。ほかの友達から聞くとマックからファミレス、高級店まで様々でした。

「とにかく肉を食べないと必死に生きていけない。一日が」と訳の分からないことを言い出しました。

半年前にK君に久々に会ったら以前は痩せていて細見でしたが、15キロ増量しパンパンに太ってました。一瞬誰かと思って目を疑いました。この時再びうつ病になり薬も強いものを飲むようになり昼に眠気で仕事ができなくなったりしたそうです。

趣味や食、治療でお金もかかりついに彼の貯金はゼロに。そして、一か月前についに消費者金融でお金を借りてしまいました。即日現金が必要になって探して最終的に消費者金ウに行きついたみたいです。

※即日現金の消費者金融については≪こちら≫を参考にしてください。

仕事先を三日間休み相当な額を使いました。たまたまGSで給油した時にK君と会い給油中にその話を聞かされた時はもう正直怖さで身震いしました。彼自身の目も生気がなくちょっと怖かったです。

その後妹さんがKさんの部屋を通ったら机に数十万円の束が無造作に置いてあり問い詰めて判明。消費者金融は親が何とか払ってクリアしたみたいですが、その代償ではないですが彼は車を売り、会社は辞めるところまで行きませんでしたがそれが知れ渡り午前中の勤務のみで短縮。賃金も減らされました。

親や家族も正直何をするかわからないということでお金になりそうな本、鉄道撮影の一眼レフも売ったと私の友達が妹さんから聞いたそうです。現在彼は病院に通院、入院繰り返しながら何とか生きてますが、最近見たら髪の毛も薄くなり禿げ上がっていて青白くなってました。

友達の体験を目にして、お金は計画的に使う。真に必要な出費なのか考える。彼は人生何とかなるし、楽しくぱっと行く。金は後から入ってくるとモットーで言ってましたが何を根拠に言っていたのか今でも不明です。

車や鉄道の趣味だけならまだ良かったのでしょうが、メイド喫茶やアイドル、食等にはまってしまった。その支払いのために消費者金融を使うというのはどうかと考えてしまいました。

借りるとしても銀行等信用のある場所で。かつ毎月返済できる額で。お金を借りるのは最終手段だということを肝に銘じておくべきだと思いました。

簡単に借りれるには利子や利息もありますので計算もできないなら借りることは辞めるべきだとK君をみて思いました。自分も気を付けたいと思います。

 

~~~~消費者金融について~~~~
昨今はインターネットを利用して、できる範囲だけでも申込めば、ご希望のキャッシングに関する審査結果がスピーディーになるようなサービスを実施している、便利なキャッシングの方法だってついに現れているのは大歓迎です。

即日キャッシングは、審査を通過できたら、資金を申込当日に借りることができるキャッシングです。手の打ちようがない資金不足は予測不可能ですから、スピーディーな即日キャッシングでの借り入れというのは、うれしい希望の光のように思う人が多いでしょう。

現実にはお金にルーズなのは、男性よりも女性のほうが大勢いらっしゃるみたいですね。なるべくもっと改良してより便利な女の人だけが利用できるような、特典つきの即日キャッシングサービスなどがもっと多くなればみんな大喜びだと思います。

多様なカードローンの会社には、低金利なものも増えてきた信販系の会社、対応が早い消費者金融系の会社などの違いがあるのは知っていますか。銀行関連の会社の場合は、融資に審査時間が相当かかり、うまく即日融資をすることが、実現不可能なときもあるわけです。

仮に、借入から30日以内に返してしまえる範囲で、新たな貸し付けの申込をするのだったら、あまり払いたくない利息払わなくてもいい完全無利息によるキャッシングをこのチャンスに利用してください。

確かに無利息期間があるとか利息が安いといったことは、たくさんある中から申し込むローン会社を選定する場合に、とても大切な項目の一つですが、そのこと以上に不安を感じることなく、融資してもらうことが望みなら、なんといっても銀行系のキャッシングローン会社で申込むことをイチオシしたいと思います。

非常に古いときなら、新たにキャッシングを申し込んだ際の審査が、最近とは比較にならないほど生易しかった時代があったみたいですけれど、すでに今では昔よりもかなり高くなって、審査結果を出すときは、全ての人に基準どおりの信用調査が厳しい目で実施されるようになっています。

勘違いかもしれませんがすぐに入金してくれる即日キャッシングの場合は、現実にキャッシングの審査をされると言いながらも書面だけの問題で、利用希望者の今やこれまでの情報について肝心なことを漏らさずに審査できないはずだとか、事実とは違う考えなのではありませんか。

キャッシングは、銀行系と呼ばれる会社などのときは、カードローンとして呼ばれていることもあります。普通は、借入を申込んだユーザーの方が、消費者金融あるいは銀行といった金融機関からお金を貸してもらう、数万から百万円程度までの少額の融資のことを、キャッシングということが多いのです。

いざという時に役立つキャッシングは、融資の可否の審査がずいぶんとスピーディーで、その日のうちの振り込みができなくなる時間までに、所定の契約に必要な申し込み事務作業が未完になっていなければ、手順通りに即日キャッシングのご利用ができるようになるんです。

カードローンを利用した場合の魅力の一つが、利用者の都合のいいときに、返済できる点だと言えます。コンビニへ行って店内ATMを操作すればたとえ出先であっても返済可能だし、ネットによる返済も対応しています。

あらかじめ決められた日数は、金利が本当に不要な無利息キャッシングを利用した場合は、ローンを申込んだ会社へ返済する合計額が、無利息期間分は必ず安くなるわけなので、絶対に使いたいサービスです。なおこのサービスは事前審査の内容や項目が、特別なものになっているということも無いのでご安心ください。

キャッシングの審査は、カードローンを取り扱っている会社が情報収取のために利用しているJICCの情報を基にして、その人の信用情報の確認をしています。キャッシング会社を使ってお金を手に入れるには、必ず審査にパスしてください。

お手軽に利用できるカードローンの審査の内容によっては、融通してもらいたい額がわずか20万円だということでも、融資を希望している本人の信用が十分に高ければ、100万円、場合によっては150万円といった数字がご利用上限に希望を大きく超えて定められるケースも中にはあるようです。

CMなどで見かけるキャッシングとかカードローンなんかで、必要な資金を融資してもらえることになって借金ができちゃうのは、なんにも悪いことしたなんて思われません近頃はなんと女の人以外は利用できない女の人が借りやすいキャッシングサービスもみなさん使っていますよ!

 

消費者金融について思うこと

私が持つ消費者金融のイメージですが、消費者金融といっても大手から中小まで様々です。大手消費者金融はTVのCMでも有名芸能人を使って頻繁に流されていますから、社名を聞いても少し馴染みがあります。しかし、それは消費者金融業界のほんの一部でしかなく、名も知れぬ会社も沢山あります。消費者金融と聞いて真っ先に思い浮かぶには高金利です。昨今、過払い返還請求で消費者金融の経営を圧迫しているようですが、銀行で借りている住宅ローン等の金利と比較すると、比べようもないくらいの高金利です。住宅ローンみたいにきちんと担保に取っておれば、低金利も当然なのかもしれませんが、まだまだ、消費者金融の融資には無担保融資で法定金利ぎりぎりのところも沢山あるのが現状でなないでしょうか。ただ、忘れがちなのは、何年か前から銀行がこの分野に進出していることです。CMを見ていても、○○銀行系だとか、大手消費者金融会社に資本参加しているとか、あの大手メガバンクでさえもこの業界に興味を示しているのです。以前は銀行は健全なイメージがあり、このような分野には触手を伸ばさなかったのですが、今は、銀行のイメージよりも収益を優先していますから、まさに時代と言えばそういう時代なのですが、何か違うような気がするのは私だけでしょうか。又、あきらかに返済能力のない人に融資している様なイメージもあります。事前審査なるものもどこまで、適格にされているのか疑問ですが、やはり消費者金融から融資を受け、返済出来ずに、自己破産を申請するといった方々が多数おられるのも問題だと思います。借りる側も責任がありますが、借す側の責任ももっと厳格にしてもいいのではないかと思います。